WordPressのテーマビルダープラグイン「Elementor」のファンブログ

Elementorを使う前に WordPress を軽く知っておこう

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on pocket
Share on pinterest
wordpress_image

WordPress の仕組み

WordPress をざっくり言うと、「固定ページ」と「投稿」と「テーマ」で成り立っています。固定ページと投稿で書かれたコンテンツ(文章や写真など)、情報など、テーマのルールに従ってデザインや表示される場所などが決められます。

つまり、テーマを変更するとサイトのデザインは大きく変化します!「手取り早くサイトを作りたい」「早くブログを開設したい」場合は、テーマを使うことで、あとは中身のコンテンツを投稿や固定ページで作成すれば完成です。wp_image

デザインやレイアウトはテーマで決まる!

post_default_sample
WordPressのデフォルトで設定されてるテーマ
Twenty Seventeenを使った投稿のデザイン

テーマのデメリットとElementorを使いたくなる理由

「な〜んだ、WordPressだけでサイトが作れるんじゃん!」と思う方もいらっしゃるかと思います。それはそれで正解です!では何故、Elementor(エレメンター)をオススメするのか?
wp_image2
WordPress歴5年以上の自分は、Elementorと出会う前まで100種類近くのテーマを使ってきました。しかし、自分が求めるデザインやレイアウトとテーマのデザイン・レイアウトと違う箇所が絶対的にあり、それを修正する為にはCSSなどのプログラミングが必要となります。こうなってくると、もうお手上げ状態となり、妥協するかプログラミング出来る方に費用を支払い依頼してました・・・。

WordPressのテーマって作ること出来ないの?

テーマの壁(思い通りなデザイン・レイアウトにならない)に泣かされていたある日、ふと思いつきました!(遅いよ・・・と言われそうですが)

「プログラミングしないで自由にデザインって出来ないの?」と考え、さっそく検索!WordPress以外にも色んなホームページを作れるサービスがありました。「Wix」や「Jimdo」、「Weebly」などを全部試しました。これでテーマの呪縛から解放される?!と思いきや、結局WordPressで言う「テーマ」が、「テンプレート」「レイアウトパターン」「デザインタイプ」という言葉に代わっただけで、思い通りにデザインを作れるものではなかったのです。(※CSSなどのプログラミングが必要ってことです。)

途方に暮れたある日・・・あきらめかけた時に出会ったのが、

「Elementor」WordPress Page Builder だったのです!

テーマ、作れるんです!

wp_image3

最初は「ほんとに自由に作れるの?どうせテンプレートを選んで〜とかじゃないの?」と、疑心暗鬼でポチポチ触ってました。その疑いが晴れた瞬間は『ヘッダー部分を自由に作れた瞬間』

「これならイケる!」とどんどんノメり込んで行き、ついに「テーマの壁」をやっと越えられました。(めでたし、めでたし・・・ちょっと本題とズレてきた?)

今すぐElementorについて知りたい方はこちら

WordPressはテーマが決め手。

この記事でお伝えしたいことは、WordPressの基本を知って頂くのと同時に、テーマが最終的に壁となることです。Elementorはそのテーマの壁を越える為のものであると考えてもらえれば良いかと思います。

もちろん、「え?今使ってるテーマで十分なんだけど」という方は、正直Elementorは不要かと思います。ではどんな人にElementorはおすすめなのか?どんな人に不向きなのか?を挙げてみたいと思います。

Elementorをオススメしたい人3選

①こだわりたい人

100%思い通りのサイトを作りたい場合は、専門の業者に発注することをオススメします(笑)でも、初手からがっつりデザインやレイアウトなど決めても、運用していくうちに変更が必要な場合などが多々あります。その度に追加料金を払って業者に修正してもらい、個人のブログや中小企業レベルでは考えづらい費用になってしまいます。

でもElementorを使って自分で作れば、かかるのは使い方を覚える時間と、作る時間だけです。しかもプログラムを覚えることなく。

 

②HTMLやCSSを頑張って覚えようとしてるWebデザイナーさん

デザインは出来る、あとはコーディングさえ出来れば、制作受注出来るのに・・・と思い、HTMLやCSSを学習すること自体は否定しませんし、むしろ頑張れる方は頑張った方が良いと思います。

ただ・・・幾度とトライしては挫折した方や、苦手意識盛りだくさんの方は、ぜひElementorを使ってみて下さい。

 

③独立したての個人事業主や出来立てほやほやの会社

長年務めた会社を辞め、培ったスキルで独立!なんて方も近年少なくないと思います。資金が十分にある方であればWeb制作会社さんに依頼することでも出来るかと思います。

でも・・・事業内容もふわっとしていたり、商品設計もままならない中で、看板でもあるホームページを作ると、絶対的に変更が必要となり、コストがかさみます。変更が多く想定させる初期段階では自由に自分で作れるElementorをおすすめします。

Elementorをオススメしない人3選

①テーマで満足している方

別にディスってる訳ではありません。満足出来てればそれに越したことはありません。妥協はあるけど、面倒・・・という方であれば一度、Elementorを使ってみるのも良いかと思います。

 

②金はあるんだ!金はという方

ぜひ、業者を使って下さい(笑)むしろデザイナーとエンジニアを雇うのが良いかと思います。でもなかなか相性が合う業者がいないんだよね・・・という方はぜひとも僕にご連絡下さい!

 

③作ることが好きじゃない方

多分、Elementorを使っても挫折するかと思います(笑)失礼、決めつけはいけませんね・・・でも、作ることが好きじゃない方はおそらくテーマで妥協できちゃうのでは?と個人的には思います。

まとめ

WordPressで重要なテーマであり、このテーマを操るためにはプログラミングが必要ということはご理解頂けましたでしょうか。テーマ選びは洋服選びに近いかもしれません。デザイン性や機能性、コスパなど自分が求める洋服と出会う機会は多くないと思います。

服選びもテーマも、自分の好みとばっちり合うものを探すのは至難の技かと思います。そんな思い通りの洋服を作れるとしたら?と想像してわくわく出来る方は、Elementorを使ってみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Elementor.com(本家のサイトです)

Elementor とは?WordPressで自由にホームページが作れるプラグイン

多くの人にElementorを知ってもらいたいので
\ SNSでシェアお願いします /
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

プロフィール

icon

 HTMLはなんとなく聞いた事があったけど、CSSって?っていうレベルの人間がこのElementorと出会い、ハマり、好きになってしまい・・・今や他社のサイト制作を受注するまでに至りました。
 プログラミングリテラシーがゼロのこの僕が、仕事でホームページ制作を請負うまでになり、今や個人事業主から中小企業まで年間のべ25〜30サイトの制作をElementorと共にやらせて頂いております。

自称:プロElementor
趣味:Elementor・デザイン・マーケティング

オススメ記事

もくじ

ポップアップ!

こんな感じで横スライドイン!
なんてことも出来ます。