WordPressのテーマビルダープラグイン「Elementor」のファンブログ

Elementorで問い合わせフォーム を作る!無料版でね。

Share on facebook
Share on twitter
Share on google
Share on pocket
Share on pinterest
form-plugin-thumbnail

Elementorで問い合わせフォーム を作る為には、Elementor Proを導入するのが一番ベストなのですが、「何が何でも無料版でやるんだ!」という方に、他のプラグインを導入して、問い合わせフォームを作ってみたいと思います。

結論から言うと・・・Elementor Proには、フォームウィジェットが標準実装されており、誰でも簡単に、でも複雑な設定が出来ます。

おじさん
おじさん
あのね、無料版でなんとかしたいんですよ・・・

ですよね・・・

という訳で、無料版で問い合わせフォーム を設定する方法を紹介します。

どんな問い合わせフォームが作れるの?

何はともあれご覧下さい。

form-sample

いかがですか?分かりづらいと思いますが、これElementor無料版ですよ。

まぁ・・・Elementor無料版だって・・・信じる
おじさん
おじさん

あっ、ありがとうございます。

すごくないですか?このフォームプラグイン!しかも、サンクスページを用意しておけばリダイレクトで送信後に自動でサンクスページへ飛ばしてくれるんです!

おじさん
おじさん
はよ・・・はよプラグインおしえれ、おしえれ!

WordPress Contact Form Builder Plugin

ながい名前なので、インストール後の表記「WPForms Lite」と呼びます。

wp-forms-Lite

ワードプレスには色々なフォームプラグインがあります。有名なところで言えば「contact form 7」「WPform」などがあると思います。

なぜ、このフォームを紹介するのか?色々と理由はありますが、以下の選定で採用しました。

(1)Elementorで動く事・・・○
   動きます!

(2)操作や設置が簡単である事・・・○
   後で紹介しますが、Elementor並っす。

(3)日本語対応されている事・・・△
   ほぼされてます。

(4)サンクスページへの自動誘導が出来る事・・・○
   送信押したら自動で送信完了ページへ自動遷移出来ます!

(5)Elementorの編集画面で見た目を変更出来る事・・・×   
   残念ながら、出来ませんが、プレビューしながら編集出来ます。

contact form 7もリダイレクトなど、やろうと思えば出来なくないのですが、小難しいわけで・・・という事で、「WPForms Lite」を使っています。

さっそくインストールしよう!

wp-forms-Lite2

Elementorをインストールされてる方であればプラグインの追加方法はご存知かと思いますので、上記の画像からお察し頂きますようお願い申し上げます。

https://ja.wordpress.org/plugins/wpforms-lite/

フォームを作ろう!

プラグインが導入されると、WordPressの管理画面のメニュー内に、「WPforms」が追加されていますので、クリック!クリック!

おじさん
おじさん
ノリノリですな

wp-forms-Lite3

wp-forms-Lite4

すると、こんな画面が表示されます。ので、早速作ってみましょう!

「新規追加」をクリック

!wp-forms-Lite5

赤枠に必要な入力事項を入れ、テンプレート使用を選択します。

wp-forms-Lite6

おじさん
おじさん
おぉ!なんかElementorみたい!

でしょ?!ここが個人的には気に入っているところです。あれ?名前のところ「名」「姓」になってる・・・流石にここは海外仕様。では、直せるのか見てみましょう。

!wp-forms-Lite7

プレビュー画面側で、修正したいパーツをクリックすると、右側のパーツ編集部分が「名前の設定」に変わります。

wp-forms-Lite8

やはり海外製という事もあり、姓・名の順はないですね。という事で、フルネーム型のシンプルを選択。

おじさん
おじさん
リアルタイムにプレビューに反映されるんですなっ。

そうなんですよ、そんな部分までElementorに似てるので、親近感すら感じます(笑)

wp-forms-Lite9

次はパーツを加えてみます。パーツは無料版と有料版があり、もちろんですが無料版では有料版は使えません。

wp-forms-Lite10

大好きな言葉「ドラッグ&ドロップ」で、なんとパーツを入れる事が出来ます。さすがのElementor Proでも、フォームの項目をドラッグ&ドロップ出来ません(笑)

チェックボックを入れてみました。

wp-forms-Lite11

今度は反対にチェックボックスの設定をします。プレビューのチェックボックスをクリックすると、設定側がチェックボックスの設定に切り替わります。

非常にシンプルな作りで、なんとなくでも修正出来ちゃいます!

wp-forms-Lite12

もちろんですが、リアルタイムにプレビュー画面に変更内容が反映されます!

ここらへんで、フォームを完成にし固定ページ内に入れて行きたいと思います。

必ず右上の保存をクリックしてから、右隅の「×」で画面を閉じます。

作ったフォームを配置しよう!

wp-forms-Lite13

上の画像のように、今保存したフォーッムが一覧に表示されています。

おじさん
おじさん
ん?右のショートコードとは?

実はこのショートコードが重要で、この時点でコピーしておきます。

wp-forms-Lite14

お待ちかねのElementorの登場です!無料版にもある「ショートコードウィジェット」を使います。

ショートコードは作ったフォームのデータを簡略化し簡単に配置する事が出来る機能です!このショートコードを受け入れるのが「ショートコードウィジェット」です。

wp-forms-Lite15

ショートコードを入れしばらくすると、プレビュー画面側にフォームが配置され、完了です!

色々な機能が無料で使える

個人的に無料版で使える好きな機能を紹介します!

(1)リダイレクト機能
   送信後のサンクスペーシへの自動遷移などが出来ます。

(2)Google の無料スパム対策サービス「reCAPTCHA」仕様可能
   これは嬉しい!良く見かけるもので、クリックし
   レ点が付く事で送信出来ます。

(3)受信通知メール
   テキストのみならずHTMLメールにも対応す可能!
   こんな感じで、フォームが送信されると管理者宛にメールが届きます。
wp-forms-Lite16

他にも好きな機能がありますが、特に個人的に好きな機能です。

まとめ

誤解せぬようもう1度お伝えすると・・・Elementor Pro版にはフォームウィジェットがあり、簡単にフォームを作る事が出来ます。プラグインを増やしたくない!管理が面倒!好きにデザインしたい!など思った事がある方は、Pro版がオススメです!

【徹底比較】Elementorの無料版と有料版(PRO版)

ElementorPro購入 完全ガイド

おじさん
おじさん
はいはい、わかったてばよ。

とは言え、無料版でさくっとランディングページを作って問い合わせフォームを入れれば、Web集客も加速しますので、ぜひ今回のフォームプラグインをお試し下さい!

多くの人にElementorを知ってもらいたいので
\ SNSでシェアお願いします /
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

プロフィール

icon

 HTMLはなんとなく聞いた事があったけど、CSSって?っていうレベルの人間がこのElementorと出会い、ハマり、好きになってしまい・・・今や他社のサイト制作を受注するまでに至りました。
 プログラミングリテラシーがゼロのこの僕が、仕事でホームページ制作を請負うまでになり、今や個人事業主から中小企業まで年間のべ25〜30サイトの制作をElementorと共にやらせて頂いております。

自称:プロElementor
趣味:Elementor・デザイン・マーケティング

オススメ記事

ポップアップ!

vb_header
<注意事項>
・お問い合わせ頂きました内容により、
 ご回答・ご返信出来ない場合がございます。
・ご質問やお悩みに関する内容について、
 記事にて「匿名」にて取り上げさせて頂くことも御座います。
・上記の内容についてご了承・ご同意の上、本フォームよりお送り下さい。

こんな感じで横スライドイン!
なんてことも出来ます。